<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< PH002 MEMO PAD | main | PH-003 >>
活版印刷の行程
 PH001とPH002の表紙は全面を活版印刷でしあげています。
そのため、ひとつずつ表情が異なり、工業製品なのに
どこか親しみやすく個性のある出来上がりとなります。

●STEP01 組版
用紙サイズに合わせて版を組みます。
KAPPAN_han


●STEP02 印刷機のセッティング
今回は特殊な芯紙を使っているため、慎重なセッティングが行われます。
KAPPAN_kami

●STEP03 調色
今回の4色はいくつかの色を組み合わせてオリジナルで
調合してもらっています。これを『特練り』と言うのだとか。
KAPPNA_iro

●STEP05 刷りだし
紙にどれだけの圧力を加えて印刷するか?など、
細心の注意を払いながら、仕上がりを決めていきます。KAPPAN_suri

●STEP06 印刷
活版印刷機がスタートすると、リズミカルに印刷された
表紙が仕上がってでてきます。
KAPPAN_insatsu

●STEP07 重ね刷り
今回は、全面を刷ったあとに、わずかに濃い色のインクを使い
ロゴタイプを重ねて刷りいれます。
KAPPAN_han2


●NEXT STEP
このあとに『製本』という行程に入りが、
ノートやメモパッドとして 仕上げをしていきます。
Trackback URL
http://ph-stationery.com/trackback/10
TRACKBACK